アーユルヴェーダ Top >  アーユルヴェーダの基礎知識 >  アーユルヴェーダの意味

アーユルヴェーダの意味

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で、アーユス(生命・寿命・生存)とヴェーダ(真理・正しい知識)という二つの言葉から成っていて、「生命の科学」や「生活の知恵」というような意味になります。古代インドのリシ(預言者、聖者)たちが、超越意識(真我)において直接知覚したもの、 もしくは神から得た啓示(天啓聖典)だとも言われています。

リシたちはそこに全宇宙の真理を見出し、健康と幸福を得るために必要な術を体系化していき、「アーユルヴェーダ」と呼ばれる非常に高度な生命科学を作り上げました。従って、健康全体、あらゆるレベルの健康に取り組んでいるという意味で、ホリスティック−全体観的な体系と言えるのです。

アーユルヴェーダの基礎知識

アーユルヴェーダの起源は仏教やキリスト教が成立する以前にまで遡ります。その5000年とも言われる長い歴史の中で時代とともに大きく変貌しつつ今日に至ります。アーユルヴェーダの歴史や基本的な知識をご紹介します。

関連エントリー