アーユルヴェーダ Top >  アーユルヴェーダの基礎知識 >  伝統療法「アーユルヴェーダ」

伝統療法「アーユルヴェーダ」

アーユルヴェーダは5000年もの歴史を持つインド、スリランカの伝統療法です。この長い歴史が示すようにアーユルヴェーダは完成された体系であり、情緒・体・心の健康増進を目的とした様々な要素からなるものです。仏陀の生誕が2500年前ですから、そのはるか以前ということになります。キリスト教の聖書の中には、アーユルヴェーダの教えについて触れている箇所も見受けられます。

アーユルヴェーダでは健康と治療を大宇宙との関係性の中で捉え、様々な角度から網羅しています。ですから医学はアーユルヴェーダの体系の一部分を形成するに過ぎません。アーユルヴェーダへの理解を深めるには、占星術・瞑想・ヨガ・マッサージ・音のセラピーなどなど様々な要素にも注目すると良いでしょう。

アーユルヴェーダの基礎知識

アーユルヴェーダの起源は仏教やキリスト教が成立する以前にまで遡ります。その5000年とも言われる長い歴史の中で時代とともに大きく変貌しつつ今日に至ります。アーユルヴェーダの歴史や基本的な知識をご紹介します。

関連エントリー