アーユルヴェーダ Top >  ドーシャ >  3つのドーシャ

3つのドーシャ

人はドーシャと呼ばれる、「ヴァータ」・「ピッタ」・「カパ」の3つの生命エネルギーを持っています。その特徴は以下のとおりです。

<ヴァータ>風と空の元素につながるものです。
ヴァータが優勢な人は、細身で長い顔で小さい目、そして歯並びが悪くて唇が薄いのが特徴です。皮膚は乾燥肌で、シワやシミができやすく老化が早い傾向にあります。

<ピッタ>火と水の元素につながるものです。
ピッタが優勢な人は、滑らかでそばかすの多い顔、日焼けしやすいため皮膚は小麦色な場合も多いようです。端正な鼻と薄い色の目の人が多く、歯が黄色っぽい人もいます。口臭や体臭も出やすく、若白髪、若ハゲ、目の充血なども出てきます。

<カパ>水と地の元素につながっています。
カパが優勢な人は、肌はオイリー、髪の毛は豊富でウェーブがかかり、目は青または茶色で、がっしりした体格の人です。女性の場合は胸や腰が豊かで、グラマーな容姿の人が多いです。

ドーシャ

アーユルヴェーダにおいてもっとも重要な言葉、ドーシャ。3つのドーシャとそのバランスについて徹底的にご紹介します。

関連エントリー