アーユルヴェーダ Top >  アーユルヴェーダの基礎知識 >  アーユルヴェーダの起源

アーユルヴェーダの起源

アーユルヴェーダの起源ははっきりとはわかっていませんが、仏陀が誕生する遥か以前にインドの賢者であり預言者でもあるリシたちによって生み出されたと考えられています。彼らは人生における悲しみや苦悩は、人類がその霊性に気づき神と共に毎日を送るために神から与えられたものであると悟っていました。神は人類への慈悲から苦悩を脱し幸福へと導く術を彼らに与えたといわれます。

アーユルヴェーダについての現存する最古の書物は、6世紀頃にまとめられた「チャラカ・サンヒーター」というサンスクリット語で書かれた書物です。執筆が始まったのは紀元前8世紀ごろだと考えられていますが、一人の著者によって書かれたものではありません。

この全8巻120章から成る膨大な書物に書き記されているアーユルヴェーダは後に中国医学やギリシャ医学に大きな影響を与えたと考えられています。

アーユルヴェーダの基礎知識

アーユルヴェーダの起源は仏教やキリスト教が成立する以前にまで遡ります。その5000年とも言われる長い歴史の中で時代とともに大きく変貌しつつ今日に至ります。アーユルヴェーダの歴史や基本的な知識をご紹介します。

関連エントリー