アーユルヴェーダ Top >  アーユルヴェーダと瞑想 >  瞑想とは?

瞑想とは?

瞑想はドーシャを安定させ、心の中を空っぽにすることにより、自分と向き合うトレーニングです。疲れた心がリセットされることで、日常生活のしがらみから解放された、自由で安らかな感覚を体験できます。瞑想の効果は、心のリセットによって、ものごとの捉え方が前向きになり、毎日が幸せに感じられ、人間関係も好転したり、集中力が高まることによって仕事の効率も上がるなどの変化が見られるようになります。

又、瞑想はヨガにとってとても重要な位置を占めます。なぜならヨガのポーズは瞑想をするために取るポーズだからです。瞑想はチャクラを調えることで瞑想を深めていきます。そして、好きな坐法で坐り呼吸を調えたら、一つずつチャクラを調えていきます。最低10分、慣れてきたら好きな時間だけ続けていきましょう。時間帯は朝がベストです。瞑想を深めることにより新しい自分に生まれかわるのです。

アーユルヴェーダと瞑想

アーユルヴェーダでは精神を浄化するための必須アイテムとして瞑想をすすめています。瞑想におけるポイントをご紹介します。

関連エントリー