アーユルヴェーダ Top >  アーユルヴェーダとヨガ >  太陽礼拝のポーズ

太陽礼拝のポーズ

太陽礼拝(スーリヤ・ナマスカーラ)はパワーヨガの基本ともなるポーズです。全身をほぐし、活動を促す一連の美しいポーズです。ポーズの順番を紹介します。

�@足を閉じ、手のひらを胸の前で合わせて起立します。両親指はあわせず互いにクロスさせます。息を吸い、腕を上に伸ばして戻します。

�A息を吐き、前屈して手を床に置きます。足を伸ばしたまま頭を膝に付けます。(ビギナーの方で手が床につかない場合は膝を曲げましょう。)

�B息を吸い、右足を後ろに伸ばして爪先を床に付けます。左の膝は90度の角度を保ち上を見ます。

�C息を吐き、左足を後ろに引き右足とあわせます。頭と背中と足が一直線になるようにします。

�D腕と膝を曲げて爪先、膝、胸、手、額を床に付けます。

�E息を吸い、腕を伸ばしながら、足を床に付けた状態で後ろにそります。

�F息を吐き、手と足を床に付けたまま、腰を高く上げます。

�G息を吸い、右足を前に出して膝を胸に付け、顔を上げて上を見ます。

�H息を吐き、左足を右足に引き付け、頭を膝に付けて足を伸ばします。

�I息を吸い、立ち上がって腕を頭の上に上げ、後ろにそります。

�J息を吐き、まっすぐ立って両手を体側に下ろします。

以上の流れを、朝一番に実践し、1回目が終わったらリラックスしてもう1度繰り返しましょう。

アーユルヴェーダとヨガ

3つのドーシャにとってとても重要な運動とされるヨガ。その方法や呼吸法をお伝えします!

関連エントリー