アーユルヴェーダ Top >  アーユルヴェーダの基礎知識 >  アーユルヴェーダ医学の分野

アーユルヴェーダ医学の分野

アーユルヴェーダが成立したことの書物には、アーユルヴェーダ医学の8つの分野についての記述があります。①内科、②外科、③小児科、④精神科、⑤鎖骨上専門分野(鎖骨から上の部位を取り扱う=耳鼻咽喉科・眼科・歯科など) ⑥毒物科 ⑦強壮効果、若返り、老人病や老化 ⑧強精効果、精力分野。

アーユルヴェーダの医師はヴァイドヤと呼ばれ、心理学や気候学、占星術についての知識も持ち合わせています。現在インドでは、100校を越す医科大学と主要都市には大学院、アーユルヴェーダ関連研究施設のが整備されており、インド国民の8割以上がアーユルヴェーダ医師(ヴァイドヤ)の医療を受けています。

アーユルヴェーダの基礎知識

アーユルヴェーダの起源は仏教やキリスト教が成立する以前にまで遡ります。その5000年とも言われる長い歴史の中で時代とともに大きく変貌しつつ今日に至ります。アーユルヴェーダの歴史や基本的な知識をご紹介します。

関連エントリー